菅野KOで巨人4連敗…優勝争い土壇場に投手不足の緊急事態

公開日: 更新日:

 巨人のエース菅野智之(29)が2回5安打4失点でKOされた。

 4日の中日戦に先発。二回に先頭から3連打を浴びて無死満塁のピンチを招くと、藤井に中犠飛を打たれ同点。続く加藤の一塁へのゴロでベースカバーに入った後に足を気にするそぶりを見せた。その後、大島に2点二塁打を浴びて4失点。マウンド上で表情をゆがめるシーンもあり、この回でマウンドを降りた。

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言った。

「アクシデントがある前から直球、変化球ともにキレがありませんでした。二回に藤井に12球粘られた場面を見ても、直球は140キロ台前半でフォークもファウルされていた。スライダーのキレも本来のものとは程遠く、空振りを奪える球がなかった。あれでは苦しいですね」

 この日、開幕当初は守護神を務めたライアン・クック(32)が一軍に合流した。3日の中日戦で8敗目を喫したメルセデスに代わっての昇格で、宮本投手総合コーチは8日に来日初となる先発起用を示唆している。メジャー通算236試合に登板しているが、先発経験はない。2日には今村も抹消しているので、先発陣が深刻な駒不足に陥っているためだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた