西武・秋山が海外FA権取得 球団慰留もメジャー挑戦重視か

公開日: 更新日:

 権利を取得したその日にお立ち台に上がった。

 20日、メジャー志向の強い西武の秋山(31)が海外FA権を取得。五回1死満塁のチャンスで逆転2点タイムリーを放ち、「(先発の)ニールが頑張っていたので、あのチャンスだけはと思っていた」と話した。

 20日現在、打率.310、48打点、15本塁打。メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏は「複数球団が興味を示すと思います」と、こう続ける。

「秋山に期待されるのは高い出塁率(.402)を生かした1番打者、チャンスメーカーとしての役割です。守備位置は中堅か左翼でしょう。メジャーには1番打者で悩む球団がいくつかある。インディアンス、カージナルス、マリナーズ、ダイヤモンドバックス、レイズ、パイレーツなどがそうです」

■「2年約8億5000万円」

 金額はどうか。

「秋山は来季開幕直後に32歳になる。メジャーは年齢にはシビアなので、どんなに高くても2年800万ドル(約8億5000万円)、あるいは2年500万~600万ドルプラス3年目はオプションで400万ドルくらいでしょう。『それなりに欲しい』という意味では需要が多いが、目玉というわけではない」(前出の友成氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた