中日アルモンテ&平田離脱も“半人前”根尾はお呼びでない?

公開日: 更新日:

 痛いのは本人だけじゃない。

 中日平田良介(31)が負傷した。二回2死の打席で阪神先発秋山の直球が右手首を直撃。三回の守備からベンチに退いた。レントゲン検査の結果、骨折はしていなかったが、15日以降の出場については患部の状態を見て判断することになる。

 前日も、8月は4割以上の打率を残していた好調のアルモンテ(30)が一塁を駆け抜けた際、右太ももを痛めた。「大腿直筋筋腱移行部の損傷」と診断され、登録抹消されたばかりだ。

 7月16日の阪神戦で右手小指靱帯を断裂した高橋周平(25)が13日に一軍練習に合流し、マシン打撃で快音を響かせ、週末にも戦列復帰が濃厚な中日。やっとベストオーダーが組めると思っていたら、ここにきて新たに2人の主力を欠くことになった与田監督は、さぞや頭が痛いはずだ。

「ならば根尾を呼べ!」というファンもいるだろうが、そうはいかない。根尾と同期の広島小園はこの日もスタメン出場し、第1打席でヒットを放った。すでに2本のホームランを打ち、30試合で.230以上の打率を残している。根尾はファームでの打率が.188で三振110。失策も20という半人前だ。与田監督も今のところ人気だけのルーキーを昇格させるわけにはいかないだろう。

 復帰間近の高橋周平は、ケガした当時の打率はリーグトップ(.319)だった。その数字は今も鈴木誠也(.339)に次ぐ2位。今後の成績次第では首位打者も狙える。Aクラス入りを諦めていないファンは、周平の奮起に期待するのが賢明だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感