山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

また制球難露呈…どうか神様、藤浪を救ってやってください

公開日: 更新日:

 阪神藤浪晋太郎の今季初登板は4回3分の1を投げ、被安打4、奪三振3、与四死球8(うち死球2)、失点1という結果に終わった。

 今季は開幕から二軍調整を続け、ここ数年の不振から脱却しようと必死にもがいていたようだが、それでも大きく変わることはなく、毎度おなじみの制球難を露呈したわけである。

 この不振の要因については、以前からメンタル説(イップス含む)と技術不足説が入り乱れていたが、藤浪本人は後者と認識しており(当たり前だが)、球界のご意見番として影響力の強い落合博満氏や桑田真澄氏も「メンタルというより技術の問題だ」と言って、藤浪の自己分析に同調している。

 よって、私のような素人は「落合や桑田が言うのだから、そうなんだろう」と、つい納得してしまいそうになるわけだが、先述の試合における藤浪を見ていると、やはり疑問がぬぐえない。

 藤浪の制球難が技術面にのみよりかかる問題なのだとしたら、どうして中日・木下拓哉への死球が2回続いたのか。他の選手には死球を与えていないのに、なぜ木下が打席に入るとボールがすっぽ抜けるのか。その事実を前にすると、メンタル面が影響していると考えるのが普通だろう。もっとも木下に対する過剰な意識こそが技術不足だと言われたら、それはもう議論にならないのだが。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」