実力発揮できず…大橋悠依は“ビビリ癖”が五輪メダルへの鍵

公開日: 更新日:

 日本のお家芸の一つである競泳が物足りない結果に終わった。

 28日に幕を閉じた水泳の世界選手権(韓国・光州)。競泳陣は男子のエースである瀬戸大也(25)が個人メドレー2種目(200、400メートル)で金メダルを獲得し、来年の東京五輪代表に内定。男子の自由形200メートルでは松元克央(22)が日本勢で初めて自由形の表彰台(銀)に上がる収穫もあったが、女子は金メダルを獲得できなかった。

 闘病中のため戦列を離れている池江璃花子(19)に代わる女子のエース格である大橋悠依(23)は、個人メドレー2種目に出場したが、前回17年のブダペスト大会で銀メダルを獲得した200メートルでは平泳ぎで泳法違反によりまさかの失格。400メートルは銅メダルを獲得したものの、瀬戸とは対照的に五輪の出場権を獲得することはできなかった。

 大橋は「目指していた結果とは違うが、来年に向けて意味があるものになる」と五輪に向けた手応えを口にしたとはいえ、課題は山積みだ。

 大橋の個人メドレー自己ベスト(200メートル2分7秒91、400メートル4分30秒82)は世界でもトップクラスだが、メンタルの弱さから実力を発揮し切れないケースが少なくない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  2. 2
    香川照之はなぜ銀座で足を踏み外したのか…スポンサー筋の“配慮”でエスカレート?

    香川照之はなぜ銀座で足を踏み外したのか…スポンサー筋の“配慮”でエスカレート?

  3. 3
    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

  4. 4
    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

  5. 5
    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

  1. 6
    岸田翔太郎氏の公邸記念撮影 首相「報道で認識」でまさかの「建造物侵入罪」成立の可能性

    岸田翔太郎氏の公邸記念撮影 首相「報道で認識」でまさかの「建造物侵入罪」成立の可能性

  2. 7
    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

  3. 8
    小林麻央さんが市川海老蔵に「本当に電話番号おしえて…」と切実な訴え

    小林麻央さんが市川海老蔵に「本当に電話番号おしえて…」と切実な訴え

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    福山雅治「ラストマン」好視聴率も追い風に 堺雅人「VIVANT」早くも“初回20%超”期待の根拠

    福山雅治「ラストマン」好視聴率も追い風に 堺雅人「VIVANT」早くも“初回20%超”期待の根拠