阪神藤浪トラウマ消えず“昇格試験”ヤクルト二軍戦で大乱調

公開日: 更新日:

「立て直すというなら、ちゃんとやってやらないと……」

「ウチなら10勝できるはずなんだけど……」

 阪神藤浪晋太郎(25)について、ネット裏ではこんな声が聞かれた。

 6日のヤクルトとの二軍戦(戸田)、一軍昇格をかけたマウンドで悪癖が顔を出した。

 二回、右打者の塩見への148キロ直球を左肩付近へぶつけると、四回には先頭の浜田から3連続四球。6回を投げて3安打6四死球3失点の乱調で、一軍昇格は先送りになりそうだ。ある球団の編成担当が言う。

「『トラウマ』が消えないのだろう。藤浪が精神的に大きなダメージを受けたのは、2016年に当時の首脳陣から『161球』の懲罰投球を科され、17年4月のヤクルト戦で畠山に頭部死球を与えるなど、9四死球の大乱調になったこと。6日の試合には、ともに二軍にいる畠山や、乱闘時に大立ち回りを演じたバレンティンは出場しなかったが、塩見にぶつけてから、腕が振れなくなった。ここ数試合は好投していたとはいえ、状態が悪い時に修正できないのは相変わらず。昨年から大きな変化は見られない」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽