著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

7勝も防御率低迷 巨人菅野の異変と過去の短命エースの足跡

公開日: 更新日:

 巨人のエース・菅野智之が不振にあえいでいる。といっても、ここまで7勝を挙げており、最多勝争いに食い込んでいるわけだから勝ち運にはまだ見放されていないようだが、防御率4.39は確かに菅野らしくない。

 とりわけ巨人の交流戦優勝がかかった最後のソフトバンク戦に先発した菅野は、1回3分の0で4失点KOという散々な出来だった。いったん打たれだすと大炎上してしまうところは去年までには見られなかった姿だ。

 その不振の要因としては、5月21日に一時的に登録抹消されたときに話題になった「腰の違和感」が挙げられる。その他、昨年までの投球過多による蓄積疲労を指摘する声もあるが、いずれにせよ、去年まで無双を誇っていた球界屈指の投手の異変だけに、体のどこかが悪いのだろうと推測してしまうのは当然のことだ。今のところ、巨人首脳陣は菅野の重症説を認めていないが、なんらかのメディカルチェックは必要かもしれない。

 そもそも球史を振り返ると、菅野のような前年まで圧倒的な成績を残していた大エースが、あるときを境に長期的な不振に陥ったケースは少なくない。古くは昭和終盤から平成初期にかけて大活躍した近鉄のトレンディーエース・阿波野秀幸、さらに1990年代に中日・山本昌と並んでセを代表する左腕として活躍した同じ中日の今中慎二、またジョニーの愛称で人気者だったロッテのエース・黒木知宏もそうだった。彼らに共通しているのは、全盛期の活躍から加齢につれ徐々に衰えていったのではなく、あるときを境にピタッと勝てなくなったこと。そして、その要因やきっかけに少なからず故障が関係していることだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路