遠のく一軍 中日根尾は左手人さし指負傷で“泣きっ面に8針”

公開日: 更新日:

 また一軍が遠のいた。

 16日、中日根尾昂(18)がウエスタン・リーグ阪神戦に「8番・遊撃」で先発出場。七回、盗塁を試みた一塁走者の高山と交錯し、スパイクで左手人さし指を負傷した。ベンチに下がり、名古屋市内の病院へ直行。8針を縫う大ケガで、抜糸までに2週間程度かかる見通しとなった。

「(痛みは)そんなにない。早く治したい」

 治療を終え、そう話した根尾の人さし指には分厚い包帯が巻かれていた。

 試合復帰の見込みについて、小笠原二軍監督は「当分は無理。起きてしまったことは仕方ない。中途半端は良くないので、しっかり治してから」とチームからの離脱を明言。しばらくはランニングなども控えさせるという。

 今年、ドラフト1位の高卒ルーキーで一番の注目株は“球界の宝”。しかし、キャンプイン前の1月に右ふくらはぎ肉離れでスタートが出遅れた。調整が続く二軍でも、自慢の打棒は沈黙。ここまで22試合に出場して打率・143とプロの投手に苦しんでいる。それに加えて8失策はファーム最多。キャンプから課題だった守備面もまだ改善されていない。

 一軍はこの日、DeNAに大勝して8勝7敗と勝ち越した。順位こそ4位だが、チーム51失点、4失策はリーグ最少、13盗塁はリーグトップ。このままの調子が続けば、根尾の出る幕はなさそうだ。来る大型連休は松坂、根尾の人気者2トップが不在で迎える。球団にとっては大きな誤算に違いない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感