10カ月ぶり姿 復活の長嶋茂雄氏は五輪聖火ランナーが目標

公開日: 更新日:

 昨年7月に体調を崩して入院し、一時は死亡説まで飛び交った「ミスター」が“復帰”した。

 2日、巨人長嶋茂雄終身名誉監督(83)が巨人の本拠地開幕戦を観戦するため東京ドームを訪問。試合前のセレモニーの途中、バルコニー席から手を振る姿がオーロラビジョンに映し出されると、観客からは大きな歓声と拍手が沸き起こった。

 昨年12月に退院していた長嶋名誉監督が公の場に姿を見せるのは約10カ月ぶりのことである。

「胆石による肝機能低下で一時的に危険な状態に陥ったのは確かだが、入院中にその胆石がどこかに消えちゃったというんだからメークミラクルだよ。今では『是が非でも東京五輪の聖火ランナーをやりたい』とやる気満々らしい」(巨人OB)

 長嶋氏が2004年に脳梗塞で倒れて以降、15年にわたってそのリハビリを取材し続けているスポーツジャーナリストの吉見健明氏がこう言う。

「今も後遺症は残っていて、この日も麻痺の残る右手はズボンのポケットに入れたままでしたが、昨年の入院前までやっていた週6日のリハビリでは、まだ不自由な右足を大きく蹴り上げ、約30メートルのダッシュまでできるようになっていた。バットの半分くらいの長さの鉄と思われる棒で素振りもしている。来年の東京五輪で聖火を手に走ったとしてもまったく不思議はありません」

 長嶋名誉監督の五輪好きは筋金入り。「東京五輪で聖火ランナー」が大きなモチベーションになっているようだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走