香川復帰で化学反応は? 森保J「13選手」入れ替えの狙い

公開日: 更新日:

 今月22日のコロンビア戦(横浜)、26日のボリビア戦(神戸)に向けた日本代表メンバー23人が発表された(14日)。1月のアジア杯から13選手が入れ替わり、トルコMF香川、仏DF昌子、独MF宇佐美、神戸MF山口といった昨夏ロシアW杯組が復帰。独FW大迫やトルコDF長友、英DF吉田らがケガなどでメンバー外。ベルギーFW鎌田、札幌FW鈴木ら4選手が初招集となった。

 今回の代表メンバーが大幅入れ替えになったのは、6月に参戦する南米選手権が「日本は招待国なので欧州所属選手を強制的に招集することができない」から。所属クラブから派遣拒否続出が予想されるので<代表の裾野を広げておきたかった>という指揮官の意図が透けて見える。

 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「まずはMF香川の復帰が興味深い。トルコ移籍で結果を出し、招集自体は大きなサプライズではない。森保ジャパンの懸案事項に<1トップのFW大迫に続く選手がいない>がある。森保監督はストライカーを前線に置かない<ゼロ・トップの布陣>も構想に入れているのでしょう。トップ気味にオーストリアMF南野が、左MFにカタールMF中島、右MFにオランダ堂安と森保ジャパンでブレークしMF陣に加えてトップ下のMF香川が、彼らとどんなコンビネーションを見せ、どんな化学反応を起こしてくれるか、非常に興味深いものがあります」

 代表2連戦、注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された