貧打に投壊…虎ファンが早くも危惧する「2年連続最下位」

公開日: 更新日:

「オープン戦が調整のための試合ということはわかっていますよ。でも、相変わらず打てませんね」

 のっけから渋い表情でこう語るのは、阪神ファンの麻生千晶氏(作家)。

 阪神は昨季まで二軍監督を務めていた矢野監督が就任。しかし、オープン戦9試合(14日現在)で2勝6敗1分けと大きく負け越している。最下位だった昨季と同様、オープン戦開幕から1分けを挟んで6連敗。先日、中日相手に2連勝したが、14日現在、最下位。チーム打率.216(11位)、21得点(12位)と貧打にあえぐだけでなく、防御率4.50もワーストと投壊に陥っている。

 昨季リーグ3連覇を果たした広島は6勝1敗1分けでトップを走り、4番の鈴木は14日のオリックス戦で早くも3本目のアーチ。

 軸が決まっているチームは、「予行演習」でもやはり強い。冒頭の麻生氏が続ける。

「特に打線が心配。軸になる選手がいません。新外国人選手のマルテは、2016年にメジャー88試合で15本塁打をマーク。長打が期待されているのに、いまだ本塁打はゼロ。4番には大卒3年目の大山君が座るというプランもあるそうですけど、まだまだ阪神の4番としてはもの足りない。ドラフト1位の近本光司(24=大阪ガス)、同3位の木浪聖也(24=ホンダ)はよくやっていると思いますが、相手投手の攻めが厳しくなる公式戦でどうなるか。いくら社会人出身の即戦力とはいえ、1年目から多くを望むのは酷でしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽