初OP戦でも“危険球”連発…阪神に藤浪トレードという選択肢

公開日: 更新日:

 北谷球場にタメ息が漏れた。

 24日、阪神藤浪晋太郎(24)が中日とのオープン戦に先発。実戦3戦目となったこの日も、制球難の悪い癖が顔を出した。

 4回を投げて、4安打6四死球3失点。1点リードの四回には、先頭の右打者・木下への初球が顔面付近にスッポ抜けると、2球目は左肩に直撃した。帽子を取り、顔をこわばらせて謝った藤浪。これで動揺したのか、四球と安打で逆転を許した。紅白戦、日本ハムとの練習試合に続き、まるで成長の跡が見られないのだ。

 キャンプ序盤から、去年までと何も変わっていない、との指摘が多く見られた。チーム関係者、阪神OB、評論家、ライバル球団のスコアラーしかりである。自主トレではヨガを取り入れるなど、準備を進めてきたはずだったが、さるライバル球団のスコアラーによれば、「去年から投げ方が全く変わっていない。時折、弓矢を引くようなしぐさを見せながら、一球一球考えながら投げているが、実際の投球はまるで逆。いい球が数球あっても、結局ここぞ、というところで力み、上体に頼って腕が大きく横振りになる。だからボールがあちこちに散らばるのです。藤浪の最大の課題は制球力。10球のうち、狙ったところに行くのはせいぜい2、3球。そのくせ、ああでもない、こうでもない、とアレコレ考えながら投げるから、フォームがコロコロ変わる。去年同様、一軍では苦しむでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽