野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

公開日: 更新日:

 1990年代、近鉄バファローズの中継ぎ投手として活躍。また、薄毛をネタに笑いをとる明るいキャラクターで人気だったが、昨年、元大リーガーの野茂英雄氏との借金トラブルが報じられ世間を驚かせた。佐野慈紀(50)さん、今、どうしているのか。

  ◇  ◇  ◇

 佐野さんと待ち合わせたのは、とある日の午前中、都内の公園。

「この近くに住んでいます。午後から仕事なんで、その前に話しましょう」

 佐野さん、まずはこう言った。きっちりスーツを着込んでいるが、いったい、どんな仕事を?

「去年の12月から、飲食店のコンサルタント会社の社長の運転手をしています。昼すぎに社長の自宅へ迎えに行き、仕事は夜中まで。去年9月に例の出来事(野茂氏との裁判)を報じられ、知人が社長を紹介してくれたんです。裁判の影響で、この1月中旬まで入っていた講演が全部キャンセルになったので、定職に就けてありがたいです」

 2003年に現役引退後は、フリーで野球評論や解説で活躍。12年からは独立リーグ・石川ミリオンスターズの取締役を務めた。野茂氏から03年に借りたお金は3000万円。少額ではないとはいえ、返せなかった?

「石川ミリオンスターズの取締役は去年までで、お金はもらっていませんでした。評論や解説の仕事は面白くて真面目にやってきたつもりですが、帯の仕事がなくなったり、年とともに仕事が減り、月に1本あるかないかという時もありました。でも、見えを張って仕事があるフリをして、野茂にはきちんとボクの仕事の状況を説明さえしていませんでした。自分の都合で用意できた時に返せる額を返してきましたけど、返せる時にもっと返しておくべきだったし、ここ3年はまったく返せていませんでした。完全にボクの不義理。彼が、自分はないがしろにされていると思ったのは当然です」

 そもそも、なぜ借金をしなければならなかったのか。96年に日本プロ野球史上初の1億円中継ぎ投手になるなど、選手時代にガッツリ稼いでいたのではないのか。

「00年のオフに戦力外通告を受け、それから家族で渡米してメジャーリーグに挑戦したんですけど、00年の年俸は1億3000万円。ところが、アメリカでは独立リーグやマイナーだったので、2年間でもらえたのは、月15万円を半年だけ。03年に帰国してオリックスでプレーした年は年俸600万円。そこから税金を引かれ、家族の生活もあって……。それでも、引退した時はセカンドキャリアに手応えがあり、返せると思っていた。派手な生活はしていないし、隠し財産もありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声