鹿島のCWC初戦は強敵 メキシコ名門グアダラハラにどう挑む

公開日: 更新日:

 鹿島が、UAEで開幕したFIFAクラブW杯にアジア王者として参戦する。

 本戦プレーオフの開幕戦(13日)では元広島MF塩谷司、元鹿島FWカイオが所属する地元UAEのアル・アインがオセアニア王者のウェリントン(ニュージーランド)と対戦。一時は3点をリードされながら同点に追い付き、延長戦からPK戦を制してアフリカ王者エスペランス(チュニジア)の待つ準々決勝に駒を進めた。この試合の勝者が、準決勝で南米王者リーベルプレート(アルゼンチン)と対戦する。

 そのアル・アインとは反対側の“山”で15日に準々決勝を迎える鹿島の対戦相手は、北中米カリブ海王者のグアダラハラ(メキシコ)である。チーバス(ヤギのヒゲ)の愛称で知られるグアダラハラは、メキシコ随一の人気を誇る名門だ。監督は元パラグアイ代表FWカルドーソだが、選手は1人のメキシコ系アメリカ人を除く全員がメキシコ人。その中にはMFブリスエラ、FWサルディバル、FWプリードという直近のメキシコ代表に招集された3人のビッグタレントがおり、チームの結束力も高い。


 日本開催の16年大会で決勝まで勝ち進み、欧州王者レアル・マドリード相手に善戦した鹿島が準決勝に進み、Rマドリードにリベンジを果たせるのか? ここに注目が集まりがちだが、グアダラハラもかなりの強敵であり、まずは準々決勝に集中することが大事だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された