“視野狭窄”貴乃花 サポ制度導入でタニマチ排除し顰蹙買う

公開日: 更新日:

■「あんな人物と組んでいるようでは…」

 貴乃花は当時、「わずかな人から大金をもらうより、多くの人に会員になってもらって相撲の裾野を広げたい」と、サポーター制度導入の目的を語っていた。その意義自体はともかく、真の狙いが単に口うるさいタニマチ封じだとすれば、あまりに短絡的だ。

 実際、大口のタニマチを失った影響は大きかったのか、15年には貴乃花一門の後援会が発足。親方衆からは「一門の後援会なんて聞いたことがない。実際は貴乃花部屋の後援会ではないか」との声も上がった。古くからのタニマチを切る反動も考えないツケが回ってきたということだ。

 目先といえば、パチンコメーカーとの契約に際して代理店関係者からの裏金をフトコロに入れた「裏金顧問」こと、小林慶彦元相撲協会顧問との関係もそうだ。自分を理事長にと担いでくれる“味方”と判断するや、その素性も何も関係なく、タッグを組み続けた。貴乃花の周囲から人が去っていったのは、本人の性格もさることながら、「あんな怪しい男と組んでいる人間は信用できない」といった理由もあった。

 貴乃花はおそらく、自分が孤立した原因をいまだに理解できていないだろう。貴乃花は一途でもなければ、猪突猛進でもない。こうと決めたら、思い込んだら善悪の区別もつかず、長期的展望もないまま平気で暴走する。単に視野が狭いだけだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”