G岡本は史上最年少で偉業達成 "原の一声"で年俸8000万円か

公開日: 更新日:

 巨人が2年ぶりのCS進出を決めた9日の阪神戦。4番の岡本和真(22)が七回に勝ち越しの32号ソロを放つと、八回には2打席連発となる33号2ランを左翼席にブチ込んだ。シーズン最終戦の最終打席で100打点に到達。今季は打率.309、33本塁打、100打点とし、史上最年少で「3割30本塁打100打点」を達成した。今季はチームでただ一人全試合に出場。22歳以下では松井、坂本勇に続き、チーム史上3人目となった。

 借金4でシーズンを終えた巨人にあって、数少ない希望の星。そうなると気になるのは、今季1200万円の年俸がどこまで上がるか、である。

 先輩の松井、菅野が目安になる。松井は打率.294、20本塁打、66打点だった2年目のオフ、1900万円だった年俸が一気に6200万円にアップ。菅野は13勝6敗、防御率3.12で優勝に貢献した1年目のオフ、1500万円から7000万円に大幅昇給している。「就任が内定している原次期監督の一押しがあるかもしれません」とは、さるチーム関係者だ。

「14年のドラフトで、当初は大学生投手が最有力だったところ、1位指名を智弁学園の岡本に変更させたのは、当時の原監督だった。15年は2次政権最終年で『近未来の中心選手』と期待していた思い入れのある大砲。第48代4番を務めた原さんが、いかに巨人の4番は重圧があるかを球団に口添えすれば、松井と菅野を超える8000万円も見えてくる」

 そんな岡本は「日本一を目指す」と13日からヤクルトと対戦するCSへ向けて意気込んだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速