金足農・吉田をドラフト指名へ プロ球団の大攻勢が始まる

公開日: 更新日:

 試合終了のサイレンが鳴った瞬間、とめどなく涙がこぼれた。

「まったく歯が立たなかった。疲れがたまっていて、決して万全ではなかった」

 21日の大阪桐蔭(北大阪)との決勝戦。準決勝まで749球を投げていた金足農(秋田)の右腕・吉田輝星が、刀折れ矢尽きた。報道陣に囲まれると悔しそうな表情を浮かべながら、しかし、ハッキリとした口調で試合を振り返った。

 四回に大会6試合目にして初被弾で3失点。その時点で吉田は「足が動かなくなった」という。五回に大阪桐蔭の猛攻を受け、「もう投げられない」とマウンドを降りた。

 5回を投げて12安打12失点。「金足農旋風」を起こし、予選から1517球を投げ抜いた剛腕の夏は、大敗という形で幕を閉じた。

 そんな吉田は今後、どんな進路を歩むのか。本人は「まったく考えていない。野球はやりたいと思う」と明言を避けたが、周辺では大学進学説が有力視されていた。地元マスコミ関係者がこう言った。

「秋田県予選の前、金足農の中泉監督はプロ球団の東北地区担当スカウトに、卒業後は八戸学院大に進学すると説明していた。吉田は2年生のころから、同大の正村監督に教えてもらっていて、その結果、投手として成長した経緯がある。中泉監督にしてみれば世話になった義理もあるし、吉田をさらに優れた投手に育ててもらいたいという思いもあるのでしょう。裏である球団が『意中球団以外からドラフト指名されたら進学』という青写真を描いているとのウワサもありますが、それはともかく、本人も周囲も甲子園大会が始まる前の時点で、まさかここまで活躍するとは思ってもみなかったのでしょう。けれども、甲子園で大活躍した以上、仮に進学と言われたところで、これだけの逸材をプロが指をくわえて見ているはずがありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!