顔も相撲もそっくり 佐田の海は父の四股名を継いだ2世力士

公開日: 更新日:

境川部屋 前頭12枚目

 オールドファンにしてみれば、懐かしい四股名だろう。佐田の海(31)といえば、千代の富士全盛期の80年代に活躍した力士。速攻を得意とし、玄人から好まれていた。

 その長男が、この2代目佐田の海だ。

 幼少期から力士になる夢を抱き、中学卒業と同時に境川部屋に入門。父は出羽海部屋だったが、なぜ境川部屋を選んだのか。

「境川親方(元小結両国)は父の弟弟子。息子は出羽海部屋に入門するものと思っていたが、父から『男を磨くなら境川部屋だ』とアドバイスされた。境川親方は一本気で男気がある。現役時代、兄弟子から『相撲取りがカネを貯め込むなんてみっともない真似をするなよ』と言われ、宵越しのカネは持たない、を地でいっていた。後輩の面倒見も良かった。日大出身だが、同校出身の力士を取らないことでも知られている。日大相撲部総監督である田中理事長と仲たがいし、『おまえのところにはウチの力士は入れない』と言われた時も、『はい、結構です』と毅然としていた」(タニマチ筋)

 父の教えで、アマ相撲は未経験。中学までは野球に打ち込んでいた。これは下手な癖がつくのを恐れたと同時に、「アマで負けると自信を失い、相撲への情熱が薄れかねない。勝ったら勝ったで調子に乗りかねない、と父が危惧したのではないか」(相撲記者)といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ