理事長の跡目争い熾烈 貴乃花理事vs.九重親方で買収合戦

公開日: 更新日:

 5日は相撲協会の仕事始め。八角理事長(52・元横綱北勝海)が職員に訓示し、2016年度カレンダーを買い求めるファンがひっきりなしに国技館を訪れた。

 しかし、めでたいはずの新春にもかかわらず、陰謀をめぐらせているのが貴乃花理事(43=元横綱)と九重親方(60=元横綱千代の富士)だ。2人の視線の先にあるのは、今月末に行われる相撲協会の理事候補選。ある親方が、貴乃花理事の思惑をこう説明する。

「一刻も早く理事長になりたい貴乃花理事が手を組んだのが、くだんの裏金顧問。昨年11月に急逝した北の湖前理事長の側近です。顧問は強力な後ろ盾を、貴乃花は知恵とカネを欲しがっていましたからね。昨年12月の理事会で八角理事長代行が正式に理事長になった時に揉めたのも、顧問の策略が原因です。北の湖が所属していた出羽海一門の理事に、『オヤジが死んで喪に服さなきゃいけない時に、跡目を決める必要があるのか。どうせ1月に選挙があるし、八角は代行のままでもいいだろう』と吹き込んで籠絡した。この理事が理事会で反八角の急先鋒を務めたともっぱらです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景