帝王ニクラスが呆れた松山英樹の「日本語優勝スピーチ」

公開日: 更新日:

「なんだコイツは?っていうニクラスの表情に会場のみんなが凍りつきましたね」

 こう振り返るのは、5月のザ・メモリアルトーナメントで日本人4人目の米ツアー優勝を遂げた松山英樹の記者会見に出席した米ツアー記者だ。

 というのも、松山は右横に座った通訳を介して「米ツアーで勝ててうれしい」と日本語でボソリと語り、ひな壇の左横にいたニクラスは「何を言ってんだ?」とチンプンカンプンで呆れ顔だったからだ。

 それだけではない。

「ニクラスは米国を代表する偉大なプレーヤーであり、今でも絶大な人気者です。そのニクラスが主催する大会に勝ったのだから、まずニクラスに感謝の気持ちを真っ先に述べるのが礼儀でした。たどたどしい英語であっても勝者ですから、ニクラスだって一生懸命に聞きます。“I'm honored to join of this tournament. Thank you Mr. Nicklaus.(あなたの大会で勝てたことは名誉でうれしい。とても感謝しています)”と簡単な英語でもいいので自分の口で言えばよかったのです」(前出の米ツアー記者)

 それは日本でも同じだ。日本語も話せない韓国人プロが優勝して、韓国語でスピーチされたら、カチンとくる人は多い。米ツアーでは「リョウ イシカワはしっかり挨拶できるのに、ヒデキはまともに英語も話せないのか」と呆れられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?