松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

桐生くん、科学なんざ信用するなよ

公開日: 更新日:

 アメリカ・オレゴン州で22日から行われる世界ジュニア陸上へ向けて、陸連が現地まで科学委員会の分析チームを派遣して、100メートルの桐生祥秀選手(18)が日本人初の9秒台を出すかも知れぬ走りを、「科学のメス」で解析するらしい。

 この競技場は追い風が吹き、タイムの出やすい条件なのだそうだ。2020年東京オリンピックの強化策に日本人初の9秒台を科学的な後押し。聞こえはいいが、どんな解析をされるんだろうなあ?

 体中に電気の通る吸盤を貼り付けられ、高速度カメラで横から正面から走る姿を撮影され、同年代のジュニアライバルだと目されているトレイボン・ブロメル(米)とのフォームの違いを徹底的に比較され、「NHKスペシャル」で「メダルへ、日本人初9秒台への軌跡!」などと派手な特番を組まれるのだ、気の毒に。

 非常に残酷な言い方だが、桐生君が2020年に金メダリストになるのは無理と思う。日本人初の9秒台などという大ざっぱな桁を使うのはよしてもらいたい。桐生君の期待されている記録は9秒9台。世界にゃウサイン・ボルト(ジャマイカ)の9秒58を筆頭に、9秒9台以下のタイムで疾走する選手がゴロゴロいる。彼らは日本人選手とは体のつくりが全然違う。頑張っても予選突破がせいぜい、メダルなどと無駄に騒ぎ立てるもんじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ