6月13日からボートレース平和島「第24回日刊ゲンダイ杯」開催(16日まで)

公開日: 更新日:

ボートレース平和島にとって「新年」の幕開け

 今節から新モーター、新ボート、新プロペラが使用される、まさに平和島にとって「新年」の幕開けともいえる。

 今大会には18歳から57歳から、A1級からB2級までと幅広い年代・クラスの選手43名が参戦するが、中でも注目は最年長57歳の三角哲男

 長年地元東京のトップレーサーとして支部を引っ張り続け、今年5月の芦屋では通算96回目の優勝を記録するなど、つねに全速で攻めるその走りにまだまだ衰えは見られない。優勝候補筆頭と考えても間違いないだろう。

 三角以外にも元気なベテランがいる。石川真二(福岡)だ。

 どんなレースでもインコースにこだわる「イン屋」としてファンの人気を集める石川は三角に次ぐ通算94回の優勝を誇る。平和島ではこれまでに4回の優勝を記録しているだけに、得意な水面での好走も期待できそうだ。

 この他、北川幸典(広島)、村岡賢人(岡山)、権藤俊光(大阪)、秋元哲(埼玉)、山口裕二(長崎)、橋本久和(群馬)らの面々も虎視眈々と優勝を狙っており、誰が優勝してもおかしくない。いずれにしても4日間にわたって熱い戦いが楽しめそうだ。

 開催期間中は、Amazonギフト券5000円分(1人)とクオカード(10人)が毎日当たるプレゼントキャンペーンを実施するので、こちらも注目だ。

■ボートレース平和島「第24回日刊ゲンダイ杯」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

もっと見る

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪