マッチングアプリでの「若い女性との出会い」は中年男性が「自信とハリ」を取り戻す特効薬?

公開日: 更新日:

 日本で最初のマッチングアプリが誕生して20年近く経つ。

 いまや結婚するカップルの約25%がマッチングアプリで出会う時代になりました。ミドルエイジ世代が若い頃には想像もつかなかったほどマッチングアプリでの出会いは広がり、すっかり市民権を得ています。そして、マッチングアプリの利用は独身男女の恋活や婚活の出会い探しに止まらず、多種多様な目的での「男女の出会い探し」に広がっています。

 そんななか、人気のマッチングアプリ「Love&(ラブアン)」利用者の50代男性Aさんにインタビューをする機会を得ました。Aさんは「同じ毎日の繰り返しで虚しさを感じていたところ、アプリを始めて若い素敵な女性と出会い、日常に輝きとハリを取り戻した、自分に自信が湧いた」と言います。どういうことか、詳しく話をうかがってみました──。

取材・文=ウラノけいすけ(男女の大人な出会い専門ライター)

アプリ利用前のAさん 恵まれた生活だけど虚しい日々

 Aさんは結婚して23年、2人のお子さんを持つ父親です。上のお嬢さんは今春社会人、下の息子さんは高校3年生。郊外のマンションに家族4人で暮らしています。

 Aさんは東証プライム上場企業の課長職で、年収は1000万円以上。お子さんたちも健やかに育ち「客観的にみれば恵まれた生活」といえるかもしれません。しかし、Aさんはアプリを始める前の生活を次のように振り返ります。

「会社でも家庭でもそぶりは見せませんでしたが、ほぼ同じことの繰り返しの毎日がクソツマラナイと思っていました。仕事ではこれ以上の昇進は望めず、後は定年まで瑕疵なく過ごすだけ。プライベートでは趣味があり仲間もいますが、物足りなさを感じながら生きてきました」

 毎日が味気なく、心にぽっかり穴が開いていたというAさん。年齢を重ねるごとに気力や体力にも衰えを感じ「このままで終わりたくない」と思ったのがアプリを始めるきっかけだったとのこと。

「心が躍るようなワクワクする体験をしたいと思っていたんです。やっぱり男ですから、女性との出会いが欲しいなと。妻との関係は正直あまりよくなくて、寝室はずっと別。2人で出かけることも、あまり会話することもなかったので……」

 そこで、思い切って始めてみたのが、SNSで話題になっていたLove&(ラブアン)というアプリだそうです。

「どうせなら若い子と出会いたいじゃないですか(笑)。『大人だけの特別な関係』『こんな簡単に割り切りできるんですね』などのキャッチコピーから、どんなアプリかは分かっていました。特別モテず冴えなかった青春時代を取り戻したい!という気持ちもありますね(笑)」

毎日が輝いて活力が蘇る!

アプリには若くてまぶしい女性がいっぱい!

 アプリに登録して画面を開いてみると、とても驚いたとAさんは言います。

「検索画面に若くてかわいい女性がずらりと並んでいて驚きました!」

「最初は昔の出会い系サイトのイメージがあって、正直あまり期待していなかったのですが、全くの間違いでした。都会の街中で普通に見かけるような育ちの良さそうな女子大生、清楚系のOLがたくさん!」

 Love&(ラブアン)は同種のアプリでは人気トップクラスで、女性数は多く、Aさんも選ぶのに苦労したとのこと。

「エリアと年齢で検索結果を絞り込んでも、たくさんの女性がヒットします。プロフィールには、身長、体型、交際目的、職業など、たくさんの項目があり、タイプの女性を絞り込めるのが良かったです。自己紹介文も丁寧に書いている女性が多いので、人となりや性格も想像することができます」

 Love&(ラブアン)の特徴の一つである、プロフィール動画は女性選びに非常に役立ったとAさんは振り返ります。Love&(ラブアン)は女性のプロフィールに動画を導入した先駆けのアプリで、自己紹介動画のアップ率が非常に高くなっています。

「やっぱり写真だけじゃ分からないじゃないですか。会うのに時間もお金もかかりますから、男側は失敗したくない。動画で女性を観て選ぶことができるのはとてもよかったですね」

■50代のフツーのオジサンが「選ぶ側」に!

「50代のオジサンは厳しいのでは…?」と思って始めたAさんでしたが、すぐに若くて可愛い女性とマッチングできたそうです。

「不安でしたが、すぐにお相手が見つかりました。それどころか女性からのアプローチも多く、まさにモテモテの気分。50代のオジサンが「選ぶ側」に回れるとは驚きでした」

 デート相手には事欠かず、23歳の看護師、25歳のバイオリニスト、21歳の女子大生、19歳の専門学生と次々にデートを重ねます。

「たくさんの女性とデートしてオンリーワンを探したかったんです。ドタキャンや会うと写真と違うなどのお馴染みのトラブルも少々ありましたが予想よりも全然少なく、毎日がとても楽しかったですね」

 十数人目で、とうとうオンリーワンを見つけたというAさん。

「とうとう見つけた! という感じです。華奢で色白で秋田美人風の24歳ОLさんです。一緒にいて自然な感じで会話も楽しく、夜も大満足。今は週に1回ほどデートを楽しんでいます。人気のスポットにも行きましたし、小旅行もしましたし、食事後にすぐホテルなんてこともありますね。お陰ですっかり若返りました。職場でも『活き活きしてる』『おしゃれになった』なんて言われるんです。だって、若い彼女がいて毎日が輝いて楽しいですからね。身なりにも気を配るようにもなりました」

 日本のミドルエイジ世代の男性は仕事や家庭で重い責任を負い、ストレスフルな毎日を送るためか、外国人から「元気がない」「活力に乏しい」と思われているそうです。その一つの要因に「男女関係」や「性」の問題があるかもしれません。

 日本は夫婦間のセックスレスが5割以上に上る「セックスレス大国」。日本人男性のセックス頻度も世界最低レベルです。セックスだけでなく、男女関係の潤いが不足しているといえるでしょう。

 年齢に負けず、若さや活力、ハリのある日々を取り戻すためには、マッチングアプリという処方箋もいいかもしれませんね。

▼ウラノけいすけ
男女の大人な出会い専門ライター。パパ活や婚外恋愛・セカンドパートナーからセックスレスに至るまで、男女の問題であればなんでも得意分野。ミドフォー、2児のパパ

■サービス概要
名称:Love&(ラブアン)
女性が動画でプロフィールをアピールできるマッチングアプリ。

ラブアンは2024年4月で5周年を迎えます。
4月22日(月)~5月15日(水)まで、5周年企画「ラブアンあるある川柳イベント」を開催中です。応募者には抽選で景品が当たるキャンペーンも実施中ですので、奮ってご参加ください。(※イベントの詳細はサービス内でご確認ください)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

もっと見る

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ