映画からスポーツへ ワーナーブラザースが狙うゲームチェンジ

公開日: 更新日:

 米エンタメ大手、ワーナーブラザース・ディスカバリーが、スポーツベッティング市場への、新たな一歩を踏み出す可能性が、高まっています。

 この動きは、同社が放映権を持つNBA(米プロバスケットボールリーグ)の国民的人気を活用し、新しい市場に進出する、戦略的な可能性を含んでいることから、業界全体が注目しています。映画制作の他にHBOやCNNを運営し、既にハリウッドで成功を収めているワーナーブラザース・ディスカバリーが、なぜ今スポーツ市場への参入を検討しているのか、その背景には、スポーツベッティング市場の、急速な成長が関連しています。

 近年、アメリカでは、多くの州でスポーツ賭博が合法化されたことにより、スポーツベッティング市場は、急速に拡大しています。

 スポーツとエンターテイメントの融合が、この人気の理由の一つです。

 試合中にどの選手がゴールを決めるか、どのチームが勝利するか、延長戦が発生するかなどの予想は、視聴者にとって、エンターテイメント性を高める、大きな要素です。

 さらに、スポーツファンやサポーターにとっては、試合を見る楽しみが倍増し、アメリカでは身近なエンターテイメントとして、人々に受け入れられています。急成長するスポーツ市場に注目するのは、ワーナーブラザース・ディスカバリーだけではありません。ウォルト・ディズニー社傘下の、米有名スポーツ専門チャンネル、ESPNもその一例です。

 ESPNもワーナーブラザース・ディスカバリーと同様に、NBAの放映権を持っていることから、本格運用が始まれば、市場の競争化は激しくなることが予想されます。このように、ワーナーブラザース・ディスカバリーは、発展市場の成長を見越して、自社の強みを活かした、新たなビジネスチャンスを模索しています。

NBA人気と、スポーツ放送の新時代

 ワーナーブラザース・ディスカバリーは、1989年からNBAの放映権を保有し、スポーツ放送の新時代を、常にリードしてきました。

 同社の看板番組「NBA on TNT」は、NBAの中でも、オールスターゲームや、有名選手が出場する人気の高い試合を放映し、熱狂的なファンの心を掴んでいます。この番組を通じて、ワーナーブラザース・ディスカバリーは、スポーツベッティング市場への参入に必要な、強固な視聴者ベースを、既に確立していると言えます。

 NBAと言えば、メジャーリーグアメリカンフットボールアイスホッケーに並ぶ、アメリカ四大スポーツの一つであり、世界中のスポーツファンを、魅了し続けています。また、NBAの人気には、スター選手の活躍だけでなく、ハーフタイムショーの実施など、視聴者を飽きさせない、番組構成も、大きく貢献しています。今年11月に開幕した、2023-24シーズンには、新たに「NBAインシーズン・トーナメント」が導入され、全30チームが参加するこのトーナメントは、12月にラスベガスで、決勝戦を迎えます。

 このトーナメント制の導入は、NBAファンに、新たな興奮を与えると同時に、ワーナーブラザース・ディスカバリーにとって、広告戦略に、新しい機会をもたらしています。

 ハリウッドのストライキの影響で、映画業界の広告収入が低迷している中、ワーナーブラザース・ディスカバリーは、スポーツ市場への参入により、新たな広告源を発掘するための、試行錯誤を続けています。これらの展開は、ハリウッドがスポーツ業界において、新たなビジネスの可能性を模索していることを、示唆しています。

日本でのNBAブーム再来と、デジタル新時代のエンタメ進化

 近年、日本ではロサンゼルス・レイカーズの八村塁選手を筆頭に、日本人NBA選手の活躍が目覚ましく、国内でのNBAブームが、再び盛り上がりを見せています。このブームは、熱狂的なバスケットボールファンだけでなく、進化するストリーミング技術によって、さらに加速しています。いつでもどこでも、気軽に試合を視聴できる環境が整備されたことで、特に若年層を中心に、新たなNBAファン層が、形成されています。

 中でも、スマートフォンやソーシャルメディアの普及は、スポーツ視聴の新たな可能性を、見出しています。

 この流れを受けて、ワーナーブラザース・ディスカバリーが提供する「B/R Sports on Max」は、アメリカで高い人気を誇る、革新的なストリーミングサービスです。2023年からアメリカで開始されたこのサービスは、NBAを中心に多様なスポーツコンテンツを配信し、デジタル新時代の視聴者に合わせた、新しい視聴体験を創出しています。年間で300以上を超えるライブ試合に加え、過去試合のバックナンバー、選手のインタビューや裏話など、プレミアムなコンテンツが魅力です。

 現在、日本でのNBA視聴は「NBA Rakuten」と「WOWOW」に限られていますが、今後ワーナーブラザース・ディスカバリーが、日本におけるNBAブームを背景に、日本市場でのサービス展開を検討することが期待されます。

スポーツ市場開拓で狙う、ゲームチェンジ

 ワーナーブラザース・ディスカバリーのスポーツベッティング市場への進出は、エンターテイメント業界における、新たな可能性を示唆しています。そして、同社が誇るエンターテイメント力と、最新のストリーミング技術の融合により、視聴者に新しいスポーツ体験を提供することが、期待されています。

 日本では、賭博法によりスポーツベッティングが禁止されているものの、アメリカではスポーツとエンターテイメントの新しい形態として、さらなる発展が予想されています。

 このように、NBA人気とエンターテイメントの進化が、スポーツ視聴の新たな時代を切り開く中で、ワーナーブラザース・ディスカバリーの挑戦が、業界におけるゲームチェンジャーとなるかどうか、今後の展開から目が離せません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

もっと見る

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」