「手巻おむすび」がリニューアル~ファミリーマート~

公開日: 更新日:

自社ブラント「ファミマル」が誕生2周年

 ファミリーマートでは自社展開しているブラント「ファミマル」が誕生2周年を迎えたことを受け、先日今後の展開についての発表会を開催、「手巻おむすび」や「ファミマルPREMIUM」の刷新などを紹介した。

 ファミマルは2021年10月の発売開始以来22カ月連続で売上前年比を上回るなど、ユーザーの人気を集めているブランドだ。その今後について同社執行役員の島田奈奈商品本部長は、「今後もやみくもに商品を拡大していくというのではなく、二極化の進む市場を見ながらお客様が必要とされているものを品揃えすることでお客様に満足していただけるような展開をしていきたいと考えています」としている。

手巻おむすびが製造方法の刷新で「ふわほろ食感」を実現

 同社では今回、年間約3億個を出荷する人気の「手巻おむすび」を大きくフルモデルチェンジ、より一層おいしさにこだわった。そのポイントはご飯がふっくらとした、まるで手で握ったかのような「ふわほろ食感」を実現したことだ。

 記者も新商品の試食をしたが、確かに今までよりふっくらに仕上がっていて、満足感があった。

 「手巻おむすびのおいしさはお米、海苔、振り塩、そして製造方法の4つによって決まります。今回は20億円かけて13年ぶりに製造方法を刷新し新たな手巻おむすび成型機を導入しました。徹底的に圧をかけずにふんわりさせることでお米や具材を潰さず、おむすびの中に含まれる空気の割合をアップさせ『ふわほろ食感』を実現させました。一度食べてもらえばそのおいしさが分かっていただけるのではないでしょうか」(木内智朗商品本部デリカ食品部長)

「おにぎり」ではなく「おむすび」

 同社ではファミマ誕生以来一貫して、おにぎりではなくておむすびと呼んでいる。これはおむすびがお米の生産から製造、販売まで多くの人が関わる商品であることから「人と人を結んで日本を元気にしたい」との強い思いがあるからだ。そんな思いが託されたファミマの手巻おむすびがおいしいのも当然かもしれない。

 今後のプライベートブランド「ファミマル」に期待したい。

■提供:ファミリーマート

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

もっと見る

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”