寄る年波か、「夜」がダメに…

公開日: 更新日:

 50歳を迎えた途端、寄る年波には勝てないということか最近の記者はすっかり「夜」のほうがご無沙汰になってきた。いざコトに及ぼうとしても全くいうことをきかないこともあれば、途中で中折れしてそのまま終わってしまうこともある。

 さらに、気持ち的にも以前ほど女性に対する興味を持てなくなって、近頃はタイプの女性を見てもドキドキしなくなってきたような気がする。いずれにしても、このままでは身も心も枯れ果てていくばかり。人生の楽しみも喜びも半減である。何とかしなくてはと痛切に思う……。

友人の危機を救った活力系サプリメント

 大学時代からの友人Aは同じ年とは思えないほどパワフルな男だ。仕事も精力的にこなしているが、もちろん「夜」のほうもバリバリの現役。今でも週に2、3回、2回戦だってOKというから何ともうらやましい限りだ。今の記者には到底マネできない。

 そこで、そんなAに元気の秘密を聞いてみた。すると、Aがカバンから取り出したのがいかにもゴージャスな銀色のパッケージに入った活力系サプリメント。

「3年くらい前だったかな。実は俺も今のお前のように夜のほうがすっかりダメになっちゃって、ああ、これで俺も男を卒業かってずいぶん悩んだもんだよ。そんな時、出会ったのがこれでさ、半信半疑で飲み始めたら今じゃ毎日欠かせないよ。お前も騙されたと思って試してみたらいいんじゃないかなあ」

 と友人A。これはいいものを教えてもらった。

「マカ皇帝倫 SIXTEEN」で夜の生活も満足!

 友人Aが教えてくれた活力系サプリメントはメタボリックという会社が出している「マカ皇帝倫 SIXTEEN」。2000年1月の発売以来、粒、ドリンクなどシリーズでの累計出荷個数は370万個を超え、ここ数年は年間出荷個数も伸びているというから10年20年と長く愛用しているユーザーに加えて新規のユーザーも増えているのだろう。つまり、それだけ信頼されているということでもある。たしかに同社に寄せられているユーザーの声を見ても、

「友人に勧められ半信半疑で飲み始めて以来ずっと続けています。今では止めるとものたりない気がします」(55歳・会社員)

「今までいろいろなサプリメントを試してみましたが、私には『マカ皇帝倫 SIXTEEN』が一番合っているみたいです。これを飲み始めて以来いつも元気でいられますからね」(62歳・自営業)

「飲み始めるようになってから3年ほどになりますが、お陰さまで若い頃の元気・やる気・自信を取り戻せたような感じがしています。人生をとことん楽しむためにもこれからも手放せません」(76歳・無職)

 など各年代から「マカ皇帝倫 SIXTEEN」に対する感謝の言葉が寄せられている。Aの話もまんざら誇張ではなさそうだ。

■「マカ皇帝倫 SIXTEEN」で男の活力を取り戻したい

2000年前から愛用される滋養食「マカ」

 では、なぜ「マカ皇帝倫 SIXTEEN」はそれほどまでに多くの人に支持されているのか。

 その秘密は主成分の「マカ」にあった。

 マカは約2000年前からすでに南米ペルーのアンデス地方で栽培されていたアブラナ科の植物。当時の人たちはマカを食べると元気になることを経験的に知っており、人々は滋養食としてマカを珍重していた。

 マカが育っているのは標高3000メートル以上の高地となるアンデス山脈。植物はほとんど育たない厳しい自然環境の中で育つこともあってか、マカはとても生命力が強い植物だ。高地で昼夜の激しい温度差がある中でも生き抜かなくてはならないためにマカは大地の養分のほとんどを吸収する。その吸収した養分こそマカが活力の源といわれる由縁であり、マカが古くから安心できる自然食品として受け継がれてきた理由かもしれない。

 ちなみに、さまざまな研究によって今ではマカには「L‐アルギニン」という活力系アミノ酸が含まれていることが分かっている。L‐アルギニンはまさに元気の素となる活力をサポートする成分であり、もともとは人間の体内で生成されるものだが、加齢とともに十分な量を生成することができなくなる。そこで、マカをサプリメントで摂って補ってやることが大事なのだ。

「マカ」を含む16種類の活力成分を配合

「マカ皇帝倫 SIXTEEN」のすごいところは他にもある。それは厳選された良質のマカエキス末が1日分として250㎎(乾燥物換算で5000㎎相当/10粒中)も配合、加えて「男の滋養食材」として有名な、もともとは中国で宮廷料理に使用されてきた高級食材で豊富な良質の動物性たんぱく質の他、ビタミンB群を多く含み、活力・滋養パワーはもちろん美容成分も豊富で男女に愛用されている「スッポン」、土中の昆虫類に寄生し子実体をつくる生命力あふれたキノコの一種でアミノ酸などの栄養素が含まれ、中国では古くから健康や滋養などの高貴素材として珍重されている「冬虫夏草」、タンパク質を主成分に多種のアミノ酸を多く含み、古くから元気・活力をサポートする健康素材として知られている「タツノオトシゴ」、さらには「トナカイ角」「馬心臓」など全部で16種類もの活力成分をバランスよく配合しているからだ。これならユーザーが満足するのも納得だ。

■「マカ皇帝倫 SIXTEEN」をもっと詳しく知りたい

「マカ皇帝倫 SIXTEEN」で「性春」!?

 こうした活力系サプリメントは購入することをためらってしまうほど高価なものも少なくない。その点「マカ皇帝倫 SIXTEEN」は200粒入ってドラックストアで5000円台半ばの価格とコストパフォーマンスがいいのも多くのリピーターに支持されている理由かもしれない。

「マカ皇帝倫 SIXTEEN」は早い人だと飲み始めて1週間くらいでなんらかの変化を感じる人も多いという。そこで、記者もネットで購入し早速試してみることにした。

 箱に記載されている飲み方に従って1日10粒を目安に2~3回に分けて飲んでみた。

 すると、嬉しいことに夜の生活が自信を持てるようになった。昼の生活も元気になってきて、仕事もバリバリこなせるようになってきた感じがする。この気持ちを持ち続けるために、記者にとってもはや「マカ皇帝倫 SIXTEEN」はなくてはならない存在となった。

 先日の夜、久しぶりに妻を誘ったら「どうしたの、急に」と恥じらいながらも応じてくれた。

「マカ皇帝倫 SIXTEEN」のお陰で夫婦仲も円満になり、これから先も「性春」を大いに楽しめそうだ。

■マカ皇帝倫 SIXTEEN 感謝パックはこちら!
今だけ限定! マカ皇帝倫液 SIXTEEN1本プレゼント

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避