秋田・鹿角市の地元消防隊員が遭難者を捜索中…制服姿のまま「旬のタケノコ採り」をしていた

公開日: 更新日:

 秋田県鹿角広域行政組合消防本部所属の男性消防隊員が「タケノコ採り」の遭難者を捜索中、現場付近で制服姿のまま旬を迎えた名産品「ネマガリダケ」を採っていた。

 5月18日、鹿角市十和田大湯の山林で青森県三戸町の無職、佐藤宏さん(64)の遺体が見つかった。

 ツキノワグマに襲われて死亡した佐藤さんの頭や顔、首、背中、両腕にはひっかかれた傷があり、衣服には黒い体毛が付着していた。

 捜索にあたっては、佐藤さんの遺体を搬送しようとした警察官2人も同日、クマに襲いかかられ、大ケガを負い、周辺一帯は11月末まで入山禁止になった。十和田大湯では2016年にも男女4人がクマに次々襲われ、死亡する事故が起きている。

 佐藤さんの行方が分からなくなったのは、3日前の5月15日朝。妻と親戚の3人で現場の山林を訪れ、午前8時半ごろ、タケノコを採るため、1人で山に入った。下山予定時間を過ぎても戻ってこなかったため、妻が山の管理者に伝え、警察に通報した。

 案内人、警察官、消防隊員約15人がそれぞれ態勢を整え、翌16日午前6時19分に入山して捜索を開始。同10時50分に1回目の捜索を終了し、昼食休憩に入った。問題の男性消防隊員はトイレに行く際、捜索隊の現場本部近くで、この時期に旬を迎えるネマガリダケが生えているのを見つけ、数本をビニール袋に入れて持ち帰った。

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差