デリヘル売春で23人逮捕! 45分9000円の激安店「やりすぎグループ」が年12億円荒稼ぎできたワケ

公開日: 更新日:

「うちの店は本番店」

 人気のデリバリーヘルス店は面接に来た女性にこう告げて「激安」で本番行為をさせ、年間12億円を稼いでいた。

 警視庁保安課は、12日までに、デリヘル嬢に売春をさせたとして、風俗店統括責任者の東岡政喜(51)と上門潤(47)両容疑者、店長、従業員ら男23人を、売春防止法違反(周旋)の疑いで逮捕した。

 東岡容疑者らは東京都内で「あのVoice無料ですか?」や「天然素人やりすぎ娘」など「やりすぎグループ」と呼ばれるデリヘル店4店舗を経営。「45分9000円」「60分1万1000円」「75分1万3000円」「90分1万6000円」と破格の料金設定で売春をさせていた。もともとは「やりすぎサークル」(やりサー)という名前で店舗を構え、若いデリヘル嬢とリーズナブルな価格で本番行為ができることから、愛好家の間ではかなりの人気店だった。

「五反田店には225人、鴬谷店は158人の女性が登録していて、それぞれの店舗で1日45人ぐらいが出勤し、90人の客がついていた。デリヘル嬢は20~30代で全員日本人だった。女性は店のスタッフからセックスを強要されていたわけではなく、事前に面接で説明を受け、納得した上で行為に及んでいた。店で働くようになったきっかけは街でスカウトされたり、知り合いの紹介で、女性によっては料金が変わるケースもあった。本人の取り分は5~7割だったため、大金を稼ぐには、かなりの人数を相手にしなければならなかった」(捜査事情通)

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」