CAの使用中エプロンを機内で盗み逮捕…“制服フェチ男”一流ピアニストのひそかな楽しみ

公開日: 更新日:

 一流ピアニストは「裸エプロン」を楽しんでいたのか──。

 搭乗中の全日空(ANA)の航空機内で女性客室乗務員(CA)のエプロン(時価5000円相当)を盗んだ「制服フェチ男」は動機について、「女性の制服をコレクションすることが趣味だった。においを嗅いだり、自分で着たりしていた」と供述しているという。

 12日、窃盗の疑いで警視庁東京空港署に逮捕されたのは、東京都練馬区のピアニスト、斉藤一也容疑者(34)。斉藤容疑者は那覇発羽田行きのANA便で羽田空港に戻ったところを捜査員に職務質問され、その日も機内で盗んだANAのエプロンを所持していた。

 逮捕容疑は4月25日午後3時ごろ、沖縄県石垣市の新石垣空港に駐機していた羽田行きのANA機内で、ギャレー(調理室)に置いてあった40代CAが使用していたエプロン1着を、自分がはいていたズボンの中に突っ込み、盗んだというもの。

「斉藤はわざわざギャレーに近い後部座席を指定して、CAがその場から離れるタイミングを見計らっていた。CAが乗客の対応をしている間、ギャレーに侵入し、同じ手口でエプロン泥棒を繰り返していた。自宅からはエプロンやナース服が複数見つかり、中には中古で購入したものもあった」(捜査事情通)

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた