天台宗住職レイプ疑惑 行為の最中に真言や「南無観世音」も尼僧に強要していた

公開日: 更新日:

「仏さんはエッチしてくれんよ。エッチで悩んでる人がおったら代わりにおまえがエッチしてやらないかんと言われるんや」

 四国地方の天台宗の寺で長年にわたって性暴力が行われていた問題をめぐり、60代の住職Aからの被害を告発した50代尼僧の叡敦さんが、メディアに公開した録音には開いた口が塞がらない。住職Aが叡敦さんに、「仏様がおまえに、私とセックスしろと言っている」と言っているというものだ。

 叡敦さんは今年1月、住職Aによる加害の手助けをしたとして大阿闍梨のBとあわせて2人の僧籍剥奪を天台宗に申し立てた。今月7日、宗派から叡敦さんへの2度目の聞き取り調査が行われた。

 調査後に会見した叡敦さんと代理人の佐藤倫子弁護士によると、住職Aは2009年、自身の寺に叡敦さんを呼び出して強姦。以降、寺で心理的監禁状態に置き、性行為を強いてきた。被害は14年間に及ぶ。住職Aは叡敦さんを剃髪させ、行為の最中に真言や「南無観世音」などの言葉を唱えさせることもあったという。

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」