罰ゲーム口実に小6女児に淫らな行為…自称「トー横の元帝王」の素性と悪らつ犯行手口

公開日: 更新日:

「負けた方が罰ゲームね」

「じゃあ、服を脱いで」

「トー横の元帝王」はこう言って小学6年の女児(11)の服を1枚ずつ脱がせ、体をもてあそんだ。

 家出した女子児童にホテルでみだらな行為をしたとして、警視庁少年育成課は6日までに不同意性交の疑いで私立大1年の境晋吾容疑者(21)を逮捕した。境容疑者はSNSなどで「トー横の元帝王」と自称していた。

 境は4月10日、トー横広場で宿泊場所を探していた家出中の女児を紹介された。女児は関東地方の自宅から出てきたばかりで、トー横に来るのは初めてだった。境容疑者は近くのホテルに長期間、滞在していて「他の女の子はいないけどオレのところでいい? オレはスグに出ていくから、後は部屋を自由に使っていいよ」と誘い、女児を部屋に連れ込んだ。「ゲームをしようよ」「負けた方が罰ゲームね」と言ってテレビゲームを始め、女児が負けると服を脱ぐように指示し、裸にさせて性交した。

「2人が部屋にいたのは夕方5時から夜9時まで。『泊まらせてあげる』と言いながら、その日中にチェックアウトしなければならず、2人はトー横に戻った。女児はそこでまた別の男に声をかけられ、その男とホテルに泊まった。母親から連絡を受け、付近を捜索していた捜査員が翌11日、男と歩いている女児を発見し、その男を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。女児から事情を聴いたところ、家出した日に『トー横の元帝王』にやられたことを自ら話した」(捜査事情通)

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」