50億円マネロンで再逮捕へ…東大院卒・日本語学校創設者のオモテとウラ

公開日: 更新日:

 日本語学校の創設者には、オモテとウラの「顔」があった。

 大阪府警特殊詐欺捜査課は先月、詐欺容疑で逮捕した「名校教育グループ」(東京都新宿区)元代表取締役の豊原明容疑者(42)を別の口座を他人名義で開設し、だまし取ったとして再逮捕する方針を決めた。

■「換金役」として47億円を暗号資産口座に

 豊原容疑者は複数の他人名義の口座を所有。犯罪グループが特殊詐欺やロマンス詐欺で被害者からだまし取った多額の現金を管理し、「換金役」として、繰り返し現金を暗号資産(仮想通貨)に移し替えるマネーロンダリング(資金洗浄)をしていた。銀行口座からは半年の間に50億円が出金され、そのうちの47億円を暗号資産口座に移して海外に送金。豊原容疑者の銀行口座には、これまで犯罪グループから換金の報酬として9000万円が入金されていることが分かっている。

「豊原は当初、自分が管理する会社名義で取引を行っていたため、そこから足がついた。銀行口座が凍結されたため、あわてて他人名義の口座を使うようになった。本人は逮捕時、『人に頼まれてやっただけ。手数料10%もらっていた』と話していたが、いまは黙秘している。誰かに頼まれ、どうしても断り切れない事情があったのだろう。それだけの大金を短期間に送金するためには、それなりの能力と信頼が求められる。犯罪グループにとって換金役を誰にするかは極めて重要なポイント。ハンドキャリーでは限界があるし、億単位の犯罪収益の海外送金は暗号資産じゃなければできない。ヤバい金だし、他人名義の口座はすぐ止められるから、一刻も早く資金洗浄する必要がある。実際、関係者のスマホには『スグにやれ』『早くしろ』というやりとりも残されている。半年間に50億円もの金を送金して豊原本人が知らないわけはない」(捜査事情通)

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状