山手線ロレックス強盗は「即興型共犯」だった…アイコンタクトから“あうんの呼吸”でタッグ

公開日: 更新日:

 犯行時間わずか3秒という電光石火の早業だった。

 JR山手線の電車内で酒に酔って寝ていた男性から、高級腕時計「ロレックス」を盗んだとして、警視庁は18日までに東京都中野区の無職、樋口遼哉(25)と、愛知県一宮市の職業不詳、小島一輝(36)の両容疑者を窃盗容疑で逮捕した。

 2人は2023年6月14日午前0時20分ごろ、新橋-浜松町間を走行中の山手線内で、帰宅中の男性(38)が左手首に着けていたロレックス(約100万円相当)を盗んだ疑いがある。

 小島容疑者が見張り役として車内で目を光らせ、実行役の樋口容疑者が男性を介抱するふりをして横に座り、男性の腕から3秒間で時計を外し、2人は浜松町駅で下車したという。男性は4駅先の終点の大崎駅で時計がなくなっていることに気づき、被害届を提出。盗まれたロレックスは小島容疑者によって売却されていたという。車内の防犯カメラの映像から、2人の関与が浮上。調べに対し、2人とも「話したくありません」と黙秘している。

「2人は乗車した駅も時間帯もバラバラで、面識もなかった。お互い『一人親方』で、車内をウロつきながら獲物を物色していた。相手を認識した時点で同じ目的だと分かったようで、あうんの呼吸で酔客に狙いを定め、タッグを組んだ。よっぽど手慣れていなければ3秒で時計を外すのは困難だが、樋口容疑者はこれまで同様の手口で犯行を重ね、3回逮捕されている。その日も別の20代の男と共謀して、他の駅で盗みをはたらいていた」(捜査事情通)

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至