“タレビン”に精子入れ女子高生にぶっかけ、スマホで動画撮影…51歳自営業男の犯行動機

公開日: 更新日:

 ザーメンぶっかけ男は片手にスマホ、もう一方の手に「タレビン」を持ち、中に入れた自らの精液を女子高生にぶっかけては、その様子をスマホで動画撮影していた。

 歩行中の女子高生に精液をかけたとして、東京都調布市の自営業、白沢直樹容疑者(51)が、21日(木)、器物損壊と都迷惑防止条例違反の疑いで警視庁調布署に再逮捕された。

 白沢は3月30日午後5時ごろ、調布市内の路上を歩いていた女子高生の背後からそっと近づくと、スマホをかざしながら容器に入った精液を頭とコートに「ピュッ」とかけ、ダッシュで逃走していた。

 今年1月、同様の事件が発生し、防犯カメラの映像などから白沢を特定。4月4日に逮捕し、自宅をガサ入れしたところ、押収したスマホに今回の犯行の様子を撮影した動画が保存されていた。女子高生を無断で撮影したことが迷惑防止条例違反、精液を衣服に付着させ、汚損させたことが器物損壊にあたると判断したようだ。

「タレビン」に入れスマホで動画撮影

 調べに対し、「自分の精液を女性にかけるという別の事件のニュースを見て興味がわいた。初めて若い女性に自分の精液をかけた時のスリルや性的な高揚感、達成感が忘れられずにやった」と供述しているという。

「白沢は空調関連の会社を経営していたが、ここ数年、コロナで仕事がほとんどなくなり、生活が苦しく、ストレスがたまっていた。そんな時に女性に精液をかける事件のニュースを見たそうです。最初は精液に似た白いローションや乳液をタレビンに入れてかけていたそうですが、次第に精液をかけたくなる衝動にかられ、自分の精液を入れるようになった。動画を撮影していたのは、女性の体に精液がかかっているのを確認するためだったそうです」(捜査事情通)

 押収したスマホには同様の「ザーメン動画」が12件保存されており、本人は「半年前から10回にいかないくらいやった」と説明。51歳にもなって1人暮らしをする調布市内の築27年の自宅アパートで、せっせとタレビンに自分の精液を詰め込んでいたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感