「硫酸男」のような執拗なタイプに敵視されたら一生の不幸…どうかわす?

公開日: 更新日:

 当然、男性は断ったというが、その1カ月後、花森容疑者は凶行に及んだ。執拗な男は何も花森容疑者に限らないが、つきまとわれたら一生の不幸だ。かわしようはあるのか。

 米心理学博士で医学博士の鈴木丈織氏は「執拗なタイプの特徴のひとつが被害者意識が強いことで、さらに周囲の人間を敵、味方に分けたがります」とこう続ける。

「常に他人をねたみ、そねんで、恨み、つらみを募らせている。そして憎悪の念は風化しません。『おまえはいいよな』などと口にしがちで、裏を返せば、『俺は不幸だ』と“被害者アピール”をしたいわけです。自分より恵まれている人は敵と見なしたりします」

 関わらないのが一番だが、渡る世間ではそうもいかないことがある。ポイントは不幸話に同調することなんだとか。

「たとえば『あいつのせいで仕事がうまくいかない』と愚痴られたら、きちんと聞いているフリをしつつ、『俺も上司のせいで』などと話を合わせる。自分も同じように不幸だと伝えれば、少なくとも敵視はされない。そこで、『それはおまえが悪いよ』『こうすればいい』などとダメ出しやアドバイスするのはNGです。『上から目線でバカにされた』などと逆恨みされる恐れがある」(鈴木丈織氏)

 常に他人を敵視するような目つきでも見抜けたりするというが、スマホにかまけて周囲への観察を怠っていると、身近な“不審者”にもなかなか気づけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  2. 2
    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

  3. 3
    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

  4. 4
    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

  5. 5
    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

もっと見る

  1. 6
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

  2. 7
    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

  3. 8
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 9
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  5. 10
    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か