「硫酸男」花森弘卓容疑者の陰湿さ…犯行動機は「愛憎のもつれ」の可能性

公開日: 更新日:

 何のためにやったのか――。犯行の動機が見えてこないのが東京で起きた硫酸事件だ。

 逮捕された花森弘卓容疑者(25)は静岡市に住む大学生。24日に自宅を出て、被害男性(22)の勤務先がある赤坂見附駅に向かい、会社の周辺をうろついたあと男性を尾行した。そして、午後9時ごろ、白金高輪駅のエスカレーターで男性の顔に硫酸をかけて逃走。28日に沖縄県宜野湾市で逮捕された。

 花森容疑者は琉球大学農学部に在籍した時期があり、現在は静岡大学農学部に在学中。被害者は琉球大学時代の映画研究サークルの後輩だが、花森容疑者について「大学時代はタメ口を利いてトラブルになった」と話しているという。

 しかし、それだけのことで、わざわざ静岡から上京し、尾行し、硫酸をかけるだろうか。

 花森容疑者は動機について、まだ語ろうとしていない。2人の間に何があったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか