著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

喜友名さん、あたしはまだ馬鹿みたいに約束した声明文の訂正を待っていたりします。

公開日: 更新日:

『(前略)その後の投稿で冷静さを欠いていた乱暴な表現をしたことについても、反省しております』(喜友名智子・沖縄県会議員・前立憲民主党沖縄県連代表)

 これは6月15日に提出された喜友名さんの声明文。

 なにについて喜友名さんが謝罪したか? 6月8日、喜友名さんが街宣で点字ブロックを塞いでいたことを動画でXに投稿された。それに対し、彼女は引用リツイートで、

『こうやって応援してるフリして握手しながら動画撮ったんですね。端的に気持ち悪いです。(中略)顔覚えてますし、対応考えますね』

 といってしまったこと。

 ちなみに、6月16日は、喜友名さんも立候補している沖縄県議選の投票日だ。このコラムが発表されるのは、選挙が終わってから。なので、あたしはこのことを書くことにした。

 去年、沖縄の新聞社から、事実を捻じ曲げた報道をされた。それは、あたしと立憲の衆議院議員であるあたしの夫が、全国の遺骨収容にかかる予算は、今を生きる人にまわすのが良い、という提案をしたことによる。なぜならば、遺骨収容にかかる費用は毎年増えており、単純計算なら、身元が判明した一体につき、およそ1億8千万円かかっていることになる。

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差