北朝鮮の“汚い北風”に韓国ブチ切れ!宣伝放送攻勢で一触即発まねいた9年前より事態は深刻

公開日: 更新日:

 北朝鮮がまた「汚物風船」を大量に飛ばし、対応に追われる韓国は9日、対抗措置のレベルを引き上げた。北朝鮮が最も嫌がる宣伝放送の再開を決定。南北軍事境界線付近に大型の拡声器を設置し、流し始めた。朝鮮半島は絵に描いたような安全保障のジレンマに陥っている。

 今回のにらみ合いの発端は、韓国の脱北者団体によるビラ散布だ。先月10日、軍事境界線近くから北朝鮮に向け、金正恩朝鮮労働党総書記を批判するビラ30万枚と、Kポップ動画などを保存したUSBメモリー2000個を大型風船20個につけて飛ばした。

 激怒した北朝鮮は28日以降、ごみや糞などが入った「3500個の風船」(北朝鮮国防次官)を飛ばし返し。すると脱北者団体は金正恩に求めていた謝罪が実行されないとして今月6日、前回同様の風船10個を北朝鮮へ飛ばした。

「気象条件などから9日に北が対抗措置を取ることが予想されたため、関係当局は〈日曜に北風が吹いてくる〉と構え、韓国軍は全部隊が休日返上で勤務にあたり、非常警戒態勢を敷いています」(韓国メディア関係者)

 保守系の尹錫悦政権発足以降、南北関係は再び悪化。2018年に結んだ南北軍事合意の効力停止を4日に決めて宣伝放送などへの制約を解いていて、軍事境界線付近での訓練も前倒しで再開する予定だ。

■関連キーワード

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント