日韓関係の改善は「政治的信念」という尹錫悦政権の対日政策に独善的だと批判が強まる

公開日: 更新日:

 政権への中間評価となる4年に1度の韓国総選挙が10日に実施されたが、その結果は岸田政権が期待したものとは真逆となった。定数300議席のうち、最大野党「共に民主党」が系列政党を含めて175議席を獲得し、改選前より勢力を伸ばして勝利した。一方、尹錫悦大統領を支える保守系与党「国民の力」は、系列政党を含めても108議席にとどまる惨敗で、国会の主導権は野党が握る「ねじれ」が続くこととなった。

 野党勢力全体では、大統領の弾劾や拒否権行使をはねつけるのが可能となる200議席には及ばなかったものの、単独で法案の迅速処理が可能な180議席を確保しており、国政運営で尹氏の求心力が低下するのは必至の状況だ。

 2027年の次期大統領選を見据え、韓国政治は混迷の度合いを深めていくだろう。

 こうした中で懸念されるのが、日韓関係への影響だ。尹氏は歴史問題をきっかけに、戦後最悪と言われるまで冷え込んだ日韓関係を改善させた。昨年3月に最大の懸案だった元徴用工訴訟問題の解決策を発表したことだった。

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル