著者のコラム一覧
春名幹男国際ジャーナリスト

1946年生まれ。元共同通信特別編集委員。元名大教授。ボーン・上田賞受賞。著書に「秘密のファイル CIAの対日工作」など。

トランプを含む多くの共和党議員が「プーチンの右派独裁的国家主義」にイデオロギー的に共感?

公開日: 更新日:

【トランプ復活でカオス化する世界】(下)

 共和党の予備選挙で連勝し、指名が確実なトランプ前米大統領が本選でも勝てば、米国は「想定不可能なダメージ」を受ける。

 オバマ元大統領に近いエリック・ホルダー元司法長官はそう語る。米紙USAトゥデーによるとオバマも「同じ考え」のようだ。

 同紙の最新の全米支持率調査ではトランプが39%、バイデン大統領が37%。予備選で他に有力候補がいないバイデンはミシガン州で81%得票したが、同時に「支持候補なし」との投票が異例の13%もあった。

 アラブ系住民がバイデン政権のパレスチナ政策不信を態度で示した。ウクライナ支援も難航し、高齢の問題や失言が続いて、有権者の支持は当面取り戻せそうにない。

 取りざたされる代替候補の名前は昨年来、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム、ミシガン州のグレッチェン・ウィットマー両知事ら同じ顔ぶれ。不出馬の理由も「バイデン氏を支持しているから」と同じだ。

 しかし今回の大統領選は歴史的にきわめて重要だ。トランプを勝たせると、最強の軍隊を持つ米国がロシアと緊密な関係になってしまう恐れがあるからだ。

 ジョン・ブレナン元米中央情報局(CIA)長官やジェームズ・クラッパー元国家情報長官らは、トランプが何らかの理由で、ロシアのプーチン大統領に事実上操られているとの印象をメディアに明らかにしている。

 具体的な証拠は不明だが、ジョン・ボルトン元大統領補佐官は自著に奇妙な事実を書いている。ヘルシンキで行われた2018年の米ロ首脳会談で、トランプは通訳に、一切ノートに記録するなと指示したというのだ。

 そもそもトランプはロシアによる16年大統領選介入の捜査で十分な協力をしていない。

 また、現在の共和党の内部でプーチンを「イデオロギー的同盟者」とみる下院議員のグループが行動を始めたという。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

 米国ではこれまで数十年間、民主・共和両党間で超党派的なコンセンサスが成立していたが、トランプを含め多くの共和党議員は「プーチンの右派独裁的国家主義」にイデオロギー的シンパシーを持っているというのだ。まさに「共和党プーチン派」と言える。対ウクライナ追加軍事援助をブロックしたのは彼らだ。

 トランプが再選されれば、さらにNATO条約の義務を放棄する可能性がある。トランプ政権末期には駐ドイツ米軍部隊の撤退を決め、バイデン政権がそれを撤回した事実もある。

 トランプ再選を阻む可能性があるのは、トランプを被告とする4つの裁判だ。しかし、トランプ陣営は判決を投票日以後に遅延させようと躍起になっている。大統領になれば起訴取り下げも可能になるからだ。 (おわり)

【プレミアム会員限定】春名幹男オンライン講座 動画公開中

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/4592

■関連キーワード

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路