「パレスチナ連帯デモ」が全国に20カ所以上に拡大 新宿駅南口には約2000人が集結

公開日: 更新日:

「Free Palestine!(パレスチナを解放せよ!)」「今すぐ停戦を!」──。通行人でごった返す日曜夕(18日)のJR新宿駅南口。イスラエル軍によるパレスチナ人虐殺への抗議がこだましていた。

 140万人以上が避難しているパレスチナ自治区ガザ地区南部ラファにイスラエル軍が地上作戦を展開する構えを見せる中、新宿駅前で行われていたのは「ラファに手を出すな! 全国連帯デモ」。在日パレスチナ人グループ「Palestinians of Japan」と「〈パレスチナ〉を生きる人々を想う学生若者有志の会」、イスラエル政府に対する「BDS運動」(B=ボイコット、D=資本引き揚げ、S=制裁)を訴える「BDS Japan Bulletin」が主催した。

 東京や大阪、札幌など全国20カ所以上で同時開催され、新宿駅南口には約2000人が集結。パレスチナの旗を掲げたり、マントのように羽織ったりする若者や、子ども連れの姿も目立った。

 ガザ出身の女性はマイクを握り、「イスラエルはパレスチナを消し去ろうとしています」「これは戦争ではありません。ジェノサイド(民族浄化)です」と涙ながらに訴え、イスラエルに対するBDSを呼びかけた。

 欧米では若者を中心にパレスチナ支持が広がっている。今回の全国連帯デモも若者が中心だった。

“大人の事情”で対米追従路線を敷く日本政府は、いつまでガザの虐殺を静観し続けるのか。

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず