【駐在員が見たロシアの今】(下)ウクライナ侵攻は続け、猫の死に泣く…ロシア人のゆがんだ愛

公開日: 更新日:

 モスクワで計7年近く生活して感じるのだが、ロシア人には「自己愛・家族愛」と「半径数メートル以内の隣人愛」しかないのではないか。これらで「われわれ」という固い結束ができる。実は多民族でメンタリティーはばらばらなのに、プーチン大統領が3月の大統領選に際して「われわれ国民」などと博愛をアピールすると、政治臭がぷんぷんする。

 この「愛の形」は動物に対しても似ている。ロシア人は猫好きといわれ、わがアパート近くの公園では、住民が野良猫に不妊・去勢手術を施したり、マイナス20~30度の極寒でも餌をやったりしている。

 一方、戦時下のどさくさか、この国では昨年、犬猫など野良動物への対応を地方が独自に決められる法律が成立した。所々で事情はあろうが「飼い主のいない動物は殺処分しても無罪放免」という地方が次々と出てきた。

 ウクライナ侵攻の長期化が既定路線となっているロシアで年明け早々、人々が心を痛めるニュースがあった。真冬の国営ロシア鉄道で1月11日、乗客が車内に持ち込んだケージから飼い猫が逃げた。女性車掌が持ち主を見つけられず「野良猫が迷い込んだ」と判断。非情にも停車駅で途中下車させてしまった。ボランティアが捜索した結果、9日後に約1キロ先で死んだ状態で見つかったという。

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至