証拠があるのになぜ犯人逮捕に至らず…「世田谷一家殺害事件」はどうしたら解決するのか

公開日: 更新日:

 2000年12月30日の深夜、東京・世田谷区上祖師谷の住宅で、会社員の宮沢みきおさん(当時44)と妻の泰子さん(同41)、にいなちゃん(同8)、礼くん(同6)の一家4人が何者かに殺害された事件。現場には犯人のものと思われる指紋と血痕が残されていたが、犯人逮捕に至らないまま23年を迎えた。みきおさんの母・節子さん(92)は、いまでも犯人逮捕の日まで毎日カレンダーに斜線を入れ続けているという。

 12月16日には有志の会が、一人息子を失った節子さんの日々を描いた朗読劇「午前0時のカレンダー 残されたDNAへの思い」(脚本・演出 高橋いさを)を上演し、事件解決への協力を呼び掛けた。

 警察への情報提供は、事件発生から現在までに1万4400件を超えているという。さらに現場には犯人の血痕や食べ残しの形跡、靴跡なども揃っていた。パソコンの通信記録から犯人は現場の住宅に10時間以上滞在していたことも分かっている。ここまで証拠が残っていながら未解決であり続けるのはなぜなのか。

 先の朗読劇では「DNA捜査の活用」もテーマに盛り込んでいたのだが、これが解決へのカギになっているという。

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント