斎藤貴男
著者のコラム一覧
斎藤貴男ジャーナリスト

1958年生まれ。早大卒。イギリス・バーミンガム大学で修士号(国際学MA)取得。日本工業新聞、プレジデント、週刊文春の記者などを経てフリーに。「戦争経済大国」(河出書房新社)、「日本が壊れていく」(ちくま新書)、「『明治礼賛』の正体」(岩波ブックレット)など著書多数。

この国の指導者層の性根は封建時代そのまま…歪んだ選民意識で戦争準備に躍起

公開日: 更新日:
どいつもこいつも往生際が悪すぎる(手前は岸田首相、奥は右から山際大志郎前経済再生相、秋葉賢也復興相と寺田稔前総務相)/(C)日刊ゲンダイ

 はたして寺田稔総務相もクビになった。大いに結構なことである。

 政治資金に絡む疑惑の塊が晴れて更迭の運びと相成れば、前経済再生担当相の山際大志郎氏、前法相の葉梨康弘氏に続き、第2次岸田改造内閣で3人目の閣僚辞任だ。岸田首相の任命責任は重大に過ぎる。とっとと自らのクビも切る…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

  2. 2
    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

  3. 3
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  4. 4
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 5
    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

  1. 6
    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

  2. 7
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 8
    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

  4. 9
    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

  5. 10
    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日

    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日