寺田稔前総務相の後任に松本剛明元外相…ん? “悪夢の民主党政権”時代の閣僚ですけど

公開日: 更新日:

「政治とカネ」の問題で寺田稔前総務相(64)が辞任したのを受け、後任に自民党松本剛明元外相(63)が就任した。

「大変重責だと思うが、しっかり負託に応えたい」

 21日午前、岸田文雄首相(65)と官邸で面会した後、記者団に対して淡々とした口調でこう語っていた松本氏。SNSなどでは、松本氏が旧民主党政権で外相を務めていたため、《ん?この人は、安倍さんが繰り返し叫んでいた『悪夢の民主党政権』時代の閣僚だけど…》、《『悪夢の民主党政権』の閣僚をこのピンチに起用するってことは、岸田さんは悪夢じゃなかったと思っていたのだな》などと疑問の声が少なくない。

 大臣としての手腕も未知数だ。民主党政権で外相を務めた経験があるとはいえ、この時も前大臣に辞任に伴う起用だった。2011年3月、当時の前原誠司外相(60)=現・国民民主党代表代行=が、在日韓国人から政治献金を受け取っていた問題で辞任し、後任として外務副大臣だった松本氏が昇格したのだ。

 もっとも、政治資金については野党時代から一貫して厳しい姿勢を貫いている。過去には家賃無料の議員会館を主たる事務所にしながら、自身の政治団体が約1800万円の事務所費を計上して問題視されたこともあったが何のその。与党・自民党議員らの政治資金問題を舌鋒鋭く追及する様子が国会会議録でも確認できる。その意味では、政治資金問題で辞めた寺田氏の後任として「適役」だろう。

 第1次安倍政権下の2007年、当時の赤城徳彦前農水相(63)が今回と同様、「政治とカネ」の問題で更迭された際、民主党政調会長だった松本氏は「首相の任命責任は大きい。トカゲのしっぽ切りにはならない」と安倍首相の姿勢を強く批判していたが、今回も岸田首相にも同じことを言ったのだろうか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

  2. 2
    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

  3. 3
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  4. 4
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 5
    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

  1. 6
    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

  2. 7
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 8
    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

  4. 9
    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

  5. 10
    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日

    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日