ノーベル平和賞も「反プーチン」の面々が受賞…ロシア内外でいよいよ狭まる包囲網

公開日: 更新日:

 混迷を極めるウクライナ侵略を巡り、バイデン米大統領が「キューバ危機以来、われわれは初めて核兵器使用の直接の脅威に直面している」と牽制を強めた直後、例年以上に政治性の強いノーベル平和賞の授与が決まった。

 プーチン大統領が70歳の誕生日を迎えた日本時間7日、受賞が発表されたのはベラルーシの人権活動家アレシ・ビャリャツキ氏(60)、ロシアの人権団体「メモリアル」、ウクライナの人権団体「市民自由センター(CCL)」。そろって旧ソ連構成国、反プーチンの面々だ。

 ビャリャツキ氏はベラルーシにおける反政権派の象徴的存在。逮捕歴は25回超に上る。「欧州最後の独裁者」と呼ばれるルカシェンコ大統領が権限強化の改憲を実施した1996年に人権団体「ビャスナ(春)」を創設し、反体制派などを支援。ルカシェンコ6選を巡る抗議デモが広がると、再び拘束され、裁判を受けることなく収監され続けている。筑波大名誉教授の中村逸郎氏(ロシア政治)はこう言う。

「メモリアルは法廷闘争の末に昨年解散させられた非合法団体。CCLは知る人ぞ知る団体で著名ではありません。プーチン大統領は同じスラブ民族であるロシア、ベラルーシ、ウクライナを結束させた連合国家を築き、その頂点に立とうとしている。ノーベル委員会の選考はプーチン構想への対抗があらわで、プーチン支配にあらがう民主的活動を後押しするというメッセージです。実際、ロシアにあるのはプーチンの人権だけですから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》