安倍派は「塩谷派」に衣替えも求心力なし…最大派閥は分裂含み、首相は“岸田降ろし”警戒

公開日: 更新日:

 派閥会長の安倍元首相が突然、銃弾に倒れ、当面は「安倍派」のままで活動することになった清和政策研究会。「国葬」後に新体制を整えることになっていたが、97人を擁する党内最大派閥の行方は自民党内の権力構造を大きく変える可能性がある。

  ◇  ◇  ◇

 29日に開かれた安倍派の派閥総会では、塩谷立会長代理が「近々、新しい体制を示したい」と話した。空席になっている会長ポストの後継を含め、新たな執行部人事を決めるということだ。

「安倍派は現在、塩谷氏と同じく会長代理の下村博文氏、萩生田政調会長、世耕参院幹事長、高木国対委員長、松野官房長官、西村経産相を中心に運営していますが、それぞれ問題を抱えていて次期トップの決め手に欠ける。総会前の幹事会では、塩谷さんが会長に昇格する流れができ、異論はなかったそうです。総理総裁になる野心がない塩谷さんなら、まとまりやすい。総裁選に出たがっている下村氏をラインから外すことを優先した形です。近く幹部会で新体制について協議し、『塩谷派』に衣替えすることになりそうです」(派閥担当記者)

 もっとも、塩谷氏に100人近い大派閥をコントロールする力量はない。一般的には「誰?」というレベルの希薄な存在感で、選挙にも強くない。昨年秋の衆院選では、静岡8区で立憲民主党の源馬謙太郎に敗れ、比例復活だった。選挙区で勝てない派閥会長では心もとないし、現在72歳の塩谷氏は、次の総選挙では「比例定年73歳」に引っかかり、落選する可能性もある。

「お飾りと言っては何ですが、当面は塩谷会長を萩生田氏や世耕氏、松野氏、西村氏らが支える体制になるでしょう。実態は合議制です」(前出の担当記者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問