甘利前幹事長が2週間ぶりツイッター更新…番組出演“宣伝”の厚顔無恥と目に余る我田引水

公開日: 更新日:

 銃撃事件で横死した安倍元首相の追悼演説を務める予定だった自民党の甘利前幹事長が5日、約2週間ぶりに自身のツイッターを更新。秋の臨時国会へ先送りとなった追悼演説に、思うところがあるようだ。

《7月29日に放送されたCS放送TBSNEWS「国会トークフロントライン」を記事でお読みいただけます》──。投稿はこんな内容。記事は同番組に安倍の“盟友”としてゲスト出演した甘利氏の発言をまとめたものだ。

 番組冒頭、安倍との関係について聞かれた甘利氏は、「この話題になると涙が出てきちゃってダメなんですが……」と前置きしつつ、「(安倍氏の死は)世界(にとって)の喪失」「偉大な政治家を失ってしまった」などと雄弁だった。

 問題の追悼演説については、「静かな環境でやるべきだと思う」と強調。誰が演説を行うかについて、安倍の妻・昭恵夫人の意向があったかを聞かれると、「『そういうご要請があれば当然、もちろんお受けしますよ』と内々のことで(国対委員長に)お返事だけしました」と明かした。

 そもそも、追悼演説は甘利氏が3日召集の臨時国会で実施する案が浮上していたが、人選に与野党から反発が続出。甘利氏が自身のブログで安倍派の後継者について「誰一人、現状では全体を仕切るだけの力もカリスマ性もない」などとコキ下ろし、同派幹部から大ヒンシュクを買ったことも反発の火に油を注いだ。自ら国会をザワつかせる火種をつくったのに「静かな環境づくり」を訴えるとは、あまりにもツラの皮が厚い。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

  2. 2
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  3. 3
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

  4. 4
    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

  5. 5
    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

  1. 6
    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

  5. 10
    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報

    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報