小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院の客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著) 5月27日新刊発売「『人権』がわからない政治家たち」(日刊現代・講談社 1430円)

国会における審議・議決は不可欠だ 「国葬」の法的条件と政治的条件を考える

公開日: 更新日:

 広辞苑によれば、「国葬」とは「『国』の儀式として行う葬儀」である。

 ならば、「国権の最高機関」(憲法41条)である国会における議決とそれに先立つ審議は当然に不可欠である。

 国葬を内閣による決定だけで行えるという見解があるが、その憲法上の根拠は不明である。内閣の職務は、(国会が制定した)法律と予算を誠実に執行し、外交関係を処理し、予算案を作成して国会の承認を得ることである(73条)。

 国費(つまり主権者国民の財産)の支出を承認する権限は、主権者国民を直接代表する(43条)国会の専権である(83条)。だから、国の意思として国費を支出する以上、国会による承認が必要なのは、憲法上、当たり前のことである。

 つまり、国葬は公金を支出する国の権力行使で、憲法上、それを根拠づける法律と予算が必要であるが、今はそれらが存在しない。1回限りの特例だとしても、国会による審議・議決だけは最低限不可欠であろう。これが国葬の「法的条件」と言える。

 さらに、国葬には「政治的条件」もあるはずだ。それは、その人物が国葬に値するという「国民的合意」の存在である。それなしに強行された国葬では、結果として国民の心を分断してしまい、むしろ有害である。

 安倍晋三元首相については、氏が果敢に挑戦する政治家であったために毀誉褒貶がある氏の看板政策の「アベノミクス」と「地球儀を俯瞰した外交」と「『安保法制』という名の海外派兵解禁」の評価については、いまだに賛否があり、定まってはいない。

 加えて、安倍政権には負の遺産もある。有名な「森友、加計、桜を見る会」である。これは、首相が権力を私物化して、国家権力と国費を使って知人を優遇した疑惑で、それを人事権を握られた官僚がこぞって隠蔽した疑惑である。これは民主政治の破壊にも等しい疑獄で、政府が保有している情報が開示されていないために未解明のままである。

 これらの政策と疑惑の評価が定まって初めて、安倍元首相の「国葬」の是非が議論できるはずである。いずれも当然に国会の審議対象である。


◆本コラム 待望の書籍化! 大好評につき4刷決定(Kindle版もあります)
『人権』がわからない政治家たち」(日刊現代・講談社 1430円)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前