【福島】自民の利益誘導選挙に「話す力」の元ラジオアナが猛追

公開日: 更新日:

福島(改選数1)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

 ◇  ◇  ◇

 参院選ラストサンデー(3日)の須賀川市。同市を含む衆院福島3区で10回連続当選中の立憲民主党玄葉光一郎元外相は個人演説会で、野党系無所属の小野寺をこう紹介した。

「当初は12ポイントあった差が縮まり、毎日新聞の調査では1ポイント差になった」

 玄葉は「昨年の総選挙で福島(5小選挙区)は野党3勝で勝ち越している」と地力があることも強調し、逆転勝利への手応えを語った。実際、各紙が報じる福島の中盤情勢は「自民優勢」から「接戦」に転じ、選挙全体の自民大勝予測が崩れるかを占う激戦区になっている。

 猛追の原動力は、ラジオアナウンサー時代に磨いた「話す力」。感情を込めた明瞭な話しぶりで、比喩も絶妙だ。岸田政権が継承するアベノミクスで大企業と金持ちが儲かる一方、円安誘導で庶民が物価高に苦しむ実態を「大きな歯車と小さな歯車」に例え、「小さな歯車にもオイルを注がないといけない」と訴える。聞きほれた司会者が涙ぐむほどで、共感が熱伝導のように広がる話術の持ち主なのだ。

 立憲の小川淳也政調会長が応援に入った1日の二本松市での街宣でも、小野寺は「岸田政権は『節電ポイント』を打ち出した。政府は汗をかかず国民に汗をかけと」と一刀両断だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平